記憶の森山大道

森山大道さんの「犬の記憶」のオリジナルを手に入れた。
数がそんなに無いそうで稀少本の類に入るそうです。
森山さんの写真は媚びてない印象がある。制作者はお客の目を気にしてしまい、カッコよく、可愛くを意識しがちだが、森山さんの作品からはそんな媚が無く見える。
2010年頃だったか作品を大阪の国立国際美術館まで見に行った記憶がある。それまで写真といえば篠山紀信さんなどのイメージが有り、カラーで派手々で有名人ばかりを激写!って感じだったが、森山さんの作品はおどろおどろしく、決してきれいとは言えず、何を撮影しているのかさえよくわからない作品もあったように思う。
でもそれが良かった。適当にさえ写ったように見えるその作品に共感が持てて、カメラを始めてみようかと思える程。実際、森山大道さんに影響を受けた人は多いと聞くし、評価されているからその影響力はすごい。
本題に戻りますが、「犬の記憶」という本は最初の2,3ページをめくってかなり引き込まれた。暗い文章表現が続き、写真が更にそれを助長している。個人的には音楽も映画も芸術もハッピーエンドより憂鬱になるくらいのバッドエンド派だ。素晴らしい作品なので、ついでに文庫本も買ってしまおうというということで、購入してみると、オリジナルに掲載されている写真と文庫本(装丁:粟津潔)の写真が全然内容がちがうからびっくりした。
文章的には難解な箇所もあったが、何より、写真作品さながらの暗さが際立っていてイメージができやすかった。
幼少の頃の記憶からはじまり、写真家として成功する入り口に立ったあたりまでが記録されており、最初期の記念碑的な作品です。
永久保存版の間違い無しのおすすめ本です。

横尾忠則現代美術館

阪急王子公園にある横尾忠則さんの美術館です。
横尾さんが自身のコレクションを神戸市に寄贈し設立された美術館です。
展示内容はその時により変わるのですが、いつ行ってもボリューム満点の内容です。
私の場合、瞼に作品の残像がしばらく残っています。マジで!そのぐらいのインパクトがあります。
50年近く常に第一線で活躍されてるのには驚きますし、なんと言ってもスタイルが毎回変わるからこれまた飽きさせない。
著作もめちゃくくちゃ多く、一体この人の脳みそはどうなっているのだろうかと不思議で仕方がないです。
この美術館の嬉しいところはここでしか手に入らないグッズがある事です。マニアにはたまりません。
11月23日に自我自尊展を観に3歳の娘と一緒にいってきましたが、滝のポストカードが壁一面に貼られた部屋は圧巻でした。娘も不思議な空間に驚いておりました。
また、Andy Warholの肖像画やイメージ画をたくさん集めたスペースは横尾さんのWarholへの尊敬というか、憧れというか友人として作ったスペースのように感じることができ、鑑賞していて爽快だった。
展示を見終わった後にミュージアムショップに行った時には娘は横尾さんのパワーに圧倒されたのか疲れて寝てしまいました。
本を一冊購入し、帰路につきました。次はいつ行けるかな。

口笛文庫という古本屋

阪急六甲駅から海側に10分ほど下っていくと八幡本通り沿いに白い建物の前に本が山積みされている古本屋がある。
入り口には「古本とジャズ 口笛文庫」とある通り、CDと一緒に古本を展開している。
ジャンルは多岐にわたり、料理、音楽、哲学、絵本、小説、芸術などが主であり、なんでもかんでも沢山扱っているという印象はなく、店主のこだわりが見て取れる。
芸術は横尾忠則、森山大道、寺山修司、四谷シモン、赤瀬川源平、澁澤龍彦など1960年代~1980年代のサブカルが豊富といった感じだ。
このあたりがMr.Unisexと相性がよく、お気に入りの理由の一つだ。
店内に流れるゆったりとした音楽も本を選ぶのに邪魔はしないし、店主も優しい方です。
ただ唯一の難点は見返し部分に値段をノリで張り付けてあり、剥がす時に本もダメージを受けてしまうところだ。
もっと剥がしやすいシールで貼ってほしいというのが私の願いだ。ご一考お願いいたします!

古本とジャズ 口笛文庫

« 古い記事