古書 象々(大阪北浜)

今回は古本屋の紹介です。
堺筋本町駅 12番出口から出てすぐにある古書 象々(こしょ ぞうぞう)です。
1952年に建てられたフジカワビルという村野藤吾さんが設計したビルの5Fに入っています。
建物は曲線が美しい手すりが印象的です。
現在の場所に移転して3年ほどということもあり、店内は綺麗に整理整頓がなされており、並んでいる本もほとんどが手入れがなされておりとても綺麗です。そもそも状態の良い本を買い付けているような印象です。
アート、デザイン、建築、絵本が特に充実していて、内容的に私にマッチしていて嬉しいです。変わり種は郷土玩具を扱っており、興味をそそられます。
アートと言っても2000年代の現代アートの本の扱いは少ないです。’60〜’80年代くらいに活躍した作家が中心という感じです。
絵画、版画作品なども少量ですが、取り扱っており、思わず購入してしまいそうな勢いです。
店内で本を選んでいると私もこんな古本屋を開きたいと思わせてくれます。JAZZなんかが流れるとかなりビルの雰囲気に合いますね。
営業時間が変則的ですが、是非、興味のある方は行ってみてください。
営業日は公式サイトで確認してね!!

古書 象々(こしょ ぞうぞう)公式サイトはこちら▶
〒541-0048 大阪府大阪市中央区瓦町1丁目7−3 フジカワ ビル503
Googleマップ▶
TEL : 06-4963-2824

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP-SpamFree by Pole Position Marketing