第25回岡本太郎大賞展

2022年2月中旬〜5月上旬(予定)に第25回岡本太郎大賞展が開催される。
毎回、それこそべらぼーな作品が展示されていて圧倒される。特に制限ギリギリの立体作品なんかを見ると、これはもう平面だけでの展示では勝てそうにないのではないか?と思っているところに第24回のグランプリは平面作品だった。しかも高校3年生という史上最年少受賞のおまけ付きに驚いた。作品自体も確かに迫力があり、納得の内容だった。
前から私もチャレンジしたいなぁと思いながら、気がついた時には募集が終わっていたり、展示できるような作品数を描いてなかったりと、応募はしてなかった。(1回だけ応募したような?)
今回の募集が始まった時には今回は絶対に応募しようとやる気十分だった。
書類を提出し終えたのは9月13日と締め切り(締め切り:9月15日(当日消印有効))ギリギリだったのは流石は俺!
入選すると来年の大賞展に展示ができるわけだけど、倍率は大体5~6倍なので、結構狭き門です。しかもレベルが高いので、期待はしないほうが良いでしょうw
私の場合は入選できただけでもバンザイです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です