2019年11月

口笛文庫という古本屋

阪急六甲駅から海側に10分ほど下っていくと八幡本通り沿いに白い建物の前に本が山積みされている古本屋がある。
入り口には「古本とジャズ 口笛文庫」とある通り、CDと一緒に古本を展開している。
ジャンルは多岐にわたり、料理、音楽、哲学、絵本、小説、芸術などが主であり、なんでもかんでも沢山扱っているという印象はなく、店主のこだわりが見て取れる。
芸術は横尾忠則、森山大道、寺山修司、四谷シモン、赤瀬川源平、澁澤龍彦など1960年代~1980年代のサブカルが豊富といった感じだ。
このあたりがMr.Unisexと相性がよく、お気に入りの理由の一つだ。
店内に流れるゆったりとした音楽も本を選ぶのに邪魔はしないし、店主も優しい方です。
ただ唯一の難点は見返し部分に値段をノリで張り付けてあり、剥がす時に本もダメージを受けてしまうところだ。
もっと剥がしやすいシールで貼ってほしいというのが私の願いだ。ご一考お願いいたします!

古本とジャズ 口笛文庫