職場のバレンタインデーとホワイトデーは廃止しよう

職場で一生懸命に仕事をしている2月14日。女子社員から突然渡されるチョコレート。断ることもできずに受け取ってしまう。このような風景は日本の職場において多々あることだ。

手渡されるチョコレートにも色々あってコンビニで間に合わせたような100円くらいのものや、どこぞのメーカーがバレンタインデーに合わせて商品化したものまで、準備する女性社員によっていただけるチョコは様々だ。

このチョコはどのようにして準備するかと言うと、規模の大きい会社であれば、部署の女性社員達が事前に誰がチョコを買いに行くかを決め、買いに行く羽目になった女性社員は休日に社長、部長、課長、係長、平のチョコをそれぞれの役付に見合った予算で購入するわけです。
例えば、社長2,000円、部長1,500円・・・みたいにです。
彼氏、家族と過ごす大切な時間をなんとなく「しないといけない?」みたいな雰囲気でバレンタインデーのチョコを買いに行く事を辞めませんか?バレンタインデーなんかチョコ業界がチョコを売るためにしたイベントだし、2月14日に感謝の気持ちを込めて義理チョコとしてプレゼントをするのは分かるけど、そんな事は日頃からしておけばいい事です。

チョコをもらった男側は3月14日のホワイトデーに合わせて休みの日に、やはり彼女、家族と過ごす時間を割いて、デパートまで買いに行かなくてはなりません。女性社員も多ければ多いほど、その分を購入しなければなりません。本当に時間と思考力の無駄使いです。

バレンタインデー、ホワイトデーをどうしてもやりたければ、バケツにチロルチョコをいっぱいにいれて、「ご自由にどうぞ!」の貼り紙を貼り付けて終わりでいいです。
社長、部課長に気を使う必要なしです。

確かにこのようなバレンタインデーを利用して本当に恋焦がれる一人の男性に心に秘めている恋心をチョコに託して手渡すのは良い事かもしれない。その場合はおすすめする。
しかし、職場で2月14日の日に社内営業の意味で手渡す義理チョコなんて、時間の無駄です。暇人のする事なんで辞めてしまいましょう。
バレンタインデー、ホワイトデーに関わる時間、労力を仕事、副業、趣味、遊び、家族に注ぎましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。