そごう西武のあの日Vol.07〜厳しいそごうのルール〜

そごうは働く上で従業員にとにかく厳しいルールがある。厳しいルールを作っているのは他の百貨店でもあると思う。私が個人的に阪急、阪神、大丸百貨店に買い物に行く時があるが、どこも素晴らしい対応である。その裏でやはり厳しい接客ルール教育環境がある中での接客だと思っている。

そごうの場合は簡単に並べると以下のような事がある。
・従業員は百貨店内の通路を歩くときは私語雑談をせずに通路の一番隅を一列で歩く。横に並んで通行してはならない(宝塚音楽学校の下級生が廊下を歩く時のルールと同じw)
・売り場でお客様がいる間は作業をしてはならない
・フロア案内を見てるお客様がいればお声をかける
・そごう神戸店の館内(イベント、ブランドの場所、休憩所など)を把握しなければならない
・クレームを受けたらイエローカードをもらう(イエローカード3枚もらうとその店舗で働けない)
・ルールを破るとイエローカードをもらう
他にも色々とあるけど、凡そこんなもんだ。

私は実際にイエローカードを3枚貰ったことがある。前述したが、3枚溜まるとそごう神戸店では働けなくなるのだが、3枚目に貰った時に当時の8Fフロアの部長のハマちゃんが揉み消してくれたw

今回は2枚目のイエローカードをもらった時のエピソードを披露しようと思う。とにかく強烈的な思い出だ。

ある日、私はカッジーニと早番だったので、11:45に出社してきた遅番メンバーと入れ替わる形でお昼を食べにカッジーニと新館8Fにある社員食堂に出かけた。そごう神戸店の当時の社員食堂はなかなか美味しくて、一日の楽しみの一つだ。
この社員食堂に行くのにもルールがあり、お客様用の通路をできるだけ通らないようにという配慮からかなり遠回りをして食堂に行かなくてなならないという鉄の掟がある。本当に効率的でないルールだ。

社員食堂で鱈腹食べたあとはお茶を飲んで雑談をして過ごし、売り場に向けて帰ろうと食堂を出た。もちろん帰りもルールを守って私語雑談をせずに一列で帰らなければならないところをこの日に限って、私はカッジーニと楽しく横に並んで話しながら売り場に向かって歩いていた。
すると、後ろから「こら!そこ二人!とまれ!」と声がした。どこかで聞いたことがある声だった。振り返ると歩いてこちらに向かってくるクスコさんが居た。やっぱりか!って思った。
クスコさんはそごう神戸店の従業員の接客マナーを教育するトレーナー達のリーダーなのだ。まぁ例えると、3代将軍の乳母であったがために大奥で絶大な権力を誇った春日局みたいな感じで、そごう神戸店でもの凄い存在感を放っていた。

そんなクスコさんは私たち二人を呼び止めてお客様通路のど真ん中で「君たち何をやっている!そごうは今、何をやろうとしてる?」と怒鳴りつけたのだ。
これだけで十分なパワハラだ。しかもお客様の前で。さすがにまずいとクスコも思ったのか、非常階段に場所を変えてしこたま怒鳴られた。カッジーニは「なんだ?その顔は?不満そうだな?」と野次られていた。

その後、売り場に戻りしばらくすると、見事にイエローカードをもらったというお話でした。

このようなやり方が正しいとは全く思わないです。逆に従業員に対して敵を作っているとしか思えません。
結果的にそごう神戸店は神戸阪急になってしまった事実をみるとクスコ、そごう、ミレニアムリテイリングのやり方は間違っていたとしか言えません。クスコは元気にしているのかなぁ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。